設計・監理業務の流れについて

設計・監理業務の流れについて

ご相談を頂いてから建物ができあがるまで、等事務所での設計業務の流れをご紹介します。
ご依頼の内容により進め方はそれぞれですが、目安程度にご覧いただければと思います

 


+基本構想

 

・初回顔合わせ

 

>計画概要・要望・予算等のヒアリング
>業務内容の説明
>実作例のプレゼンテーション


+基本設計

 

・設計契約

 

 

>設計・監理業務委託契約
>敷地資料等の預かり(コピー)

・敷地、周辺環境の現地調査
・敷地についての関連法令の調査
・第1案の作成(平面図・断面図・模型など)

・打合せ

>調査結果の報告
>第1案のプレゼンテーション
>第1案についてのヒアリング
>要望の再確認

・第1案の調整、あるいは、
さらなる第2、第3の案の可能性を検討

・基本となる案を決定
・構造計画、設備計画の検討

・打合せ

>図面・模型等での基本設計最終確認
>構造計画、設備計画の確認
>仕上げ等の確認
>概算予算の確認


+実施設計

 

・詳細設計による検討・確認
・構造計画・設備計画等の詳細の検討・確認
・見積図面の作成

・打合せ

>見積図面による説明・確認及び調整

・業者見積(3社程度の施工会社に依頼)
・確認申請図面の作成・提出

・見積書の内容チェック
・施工会社との見積内容調整
・予算に応じた仕様変更等の検討
・施工会社および工事契約金額の決定

・工事請負契約


+工事監理

・着工

・地鎮祭

・施工図のチェック
・施工会社との打合せ(納まり・設備など)、現場確認

・上棟

>躯体工事の完了
>役所等の現場検査

・打合せ

>サンプルにて材質や色の最終確認
>家具(キッチンなど)など詳細の最終確認

・施工会社との打合せ(仕上げ、詳細納まりなど)、現場確認

・竣工

>事務所による現場検査
>役所による現場検査
>建物の完成・引渡し


+アフターフォロー


竣工引渡し後もアフターフォローをさせて頂きます。
お住まいになった後も、細かい不具合などについて、施工会社とともに即座に対応させていただきます。