天を測る

“天測(てんそく)”という言葉があります。 それは海のことば。 海上の闇に浮かぶ天体の位置を測定することで、自分が今、 地球上の何処にいるかを計測する手段が天測です。 かつての航海者にとって必要不可欠な航海術でした。 天