科学の方法

昨日はある取材の下見の立会いのため”クラスターハウス”へ。 あいにくの天気だったが、 家の前の田に植えられた稲の緑がきれい。 往復の電車内で『科学の方法』(中谷宇吉郎著)を読了。 平易な言葉で書かれているが、

フェルマーの最終定理

昨日は池袋で”鶴ケ峰の家”の打ち合わせ。 平面詳細図や矩計図にて、 構造やプラン、寸法等の再確認。 地下RC地上3階木造の建物だが、 部分的に鉄骨を採用。 ちょと変わった構造であるが、 それはこの建物の空間構成の特殊性ゆ

黒い雨

昨日の朝は湯河原へ。 午後は小田原にて敷地調査と打ち合わせ。 “クラスター・ハウス”の設計が本格的にスタートする。 ここ数日読み続けていた井伏鱒二の『黒い雨』を、 行き帰りの電車内で読み終える。 原爆が投下された広島が舞

人間の建設

一昨日の日曜日は、 敷地見学のため小田原へ。 10年以上前にインドで知り合った友人が、 やっと色々な条件に見合う敷地にめぐり会えたようだ。 今後が楽しみである。 行き帰りの東海道線車中にて、 『人間の建設』 小林秀雄・岡

反解釈

昨日は“中目黒の家”の階段詳細図を数枚作成。 階段は “つなぎの空間”として、 建物の中でとても重要となる部分なので、 建物ごとに自ずとデザインが異なってくるのだが、 大変難しい部分でもあることを毎回痛感させられる。 夜