新・建築の黙示録

「人間の生活とか、そこに住む人の心理というものを、 寸法によってあらわすのが設計というもの」 と言ったのは建築家・吉村順三。 建物はコンクリートや鉄、木、ガラスなどのあらゆる物質が、 あらゆる段階で加工が施され、 配列さ

E・A・ポーの建築的文学

E・A・ポーの『アシャー館の崩壊』はちょっと変わった小説である。 文庫本で28ページ程のシンプルなストーリーの短編であるが、 その大部分が、 館の外観やその周囲の樹木や池などの風景、 館の中の壁や天井や扉や窓、 そこに置

知性の目

上はIBM研究チームが今年ついに捉えたと言われる、 ベンタセンという分子の電子顕微鏡写真。 下はその化学式。 かつての化学者はこの構造式を知性の目を使って、 見えないものを見ていたことになる・・・。 ちなみにベンゼン環(

直線が語るもの

常日頃、いつか旅行に行きたいと企んでいる。 ただ過去の経験からか1,2週間の旅行では満足出来そうにないので、 少なくても月単位の期間で行こうと考えている。 ただそうなると現実的にはなかなか難しい。 よってせめてもの慰めと

少女と爆弾

沖縄基地問題、女子バレーボール、紅白直前予想、テレビ番組視聴率ランキング、 ショッピングガイド、インフルエンザ、アフガニスタン問題、今日の天気、紅葉特集、 株価、イランの核問題、お笑い芸人の話題、雇用問題・・・ これはあ

空を漂う蜘蛛

空に漂う雲を見ると、 時折思い出す話がある。 それは“空を漂う蜘蛛”の話。 ある種類の放浪癖のある蜘蛛は、 最寄りの高い所に登り、 糸を出しながら爪先立ちで待機する。 「この紡績作業は、クモの体を浮上させるだけの強い空気

緑園都市

日曜日、ある打合せを終えた後、 緑園都市(横浜から相鉄線で17分程)に寄ってみた。 この駅周辺には建築家・山本理顕さんの設計による7つほどの建物が建ち、 駅前の街並みを形成している。 そのうちのほとんどが下層部に商業施設

中村正義の美術館

小田急線「読売ランド前」からバスに10分程乗り、 さらに5分程歩いて坂を上がったところに、 この「中村正義の美術館」はある。 この建物の設計は故・篠原一男さん。 元々は画家・中村正義さんの住宅として建てられたものである。