1 / 21
All Projects

都心のRC造狭小住宅

空隙の家|Crevice House| 都心のRC造狭小住宅

「このまちが気に入ったから」という理由で選ばれた、
都心の住宅密集地にある約13坪の変形地。
お施主さんはRC造の家を、そして、
閉じた家の中だけに暮らすのではなく、
図書館が子供の勉強部屋で、喫茶店が仕事の打ち合わせスペースで、
そういった「”まち”に暮らすライフスタイル」を望んでいた。

細分化の結果である変形地の形状そのままに、
中古型枠を再利用して立ち上げられた荒々しいコンクリートの建物中央部を、
延長された北側隣家間と西側隣家間の隙間が直撃し、空隙を穿って交叉する。
日本の都市では消費されていく建物よりも、
敷地境界線を挟んで再生産される隙間の方が普遍的である。
外壁や敷地境界といった面や線による境界ではなく、
この残余空間を「界隈」といったような、
あわいのネットワーク空間としてリサイクルすることで、
パブリックとプライバシーという二項対立とは違う、
まちや隣家との新たな関係をつくろうと考えた。

斜線制限が境界線ほぼ全辺からかかるゆえ、
地上に建物をのせると屋根形状が複雑になり、
3階が充分にはつくれない。
ボーリング調査から地盤面1m下に関東ローム層があることが分かった。
安価な簡易山留めで掘削可能な深さ、
そして1Fでの自然排水が可能な深さまで建物を埋めることで、
施工しやすいフラットルーフで容積率上限まで床面積を確保できる3階建てとし、
地盤改良や杭工事も不要にした。
低い階高ゆえ室内に梁型は出せないので、
床も屋根もすべてキャンチ(片持ち)スラブとした。
7枚のキャンチスラブで出来た、
空隙を中心とする重層的な竪穴式住居である。
建物の構成は事前にではなく、
厳しいコストや法規制、構造との整合性はもちろん、
隣家や地盤、埋設管などといった周囲環境や条件との交渉の結果として決めていくことで、
この敷地ならではの家になればと考えた。

空隙はトップライトで覆われた半屋外的空間とし、動線をここに集中させた。
部屋から部屋への移動の際には空隙を通過させるプランにして、
日常生活のなかで外と内を混ざり合わせようとした。
絵を描いたり、ものを作ったり、そんな家族の時間を支える大きなテーブルを空隙の最下層中心に設け、
上層にはベンチや物干しスペースを点在させることで、
空隙が周囲環境を背景とした立体的な生活の場になればと考えた。

社会的ネットワークの発達が、物理的に近い近隣同士の関係を弱めつつある。
前面道路が”まち”を支えているオモテの秩序で、
無頓着な後ろ姿でもある建物間の隙間こそが、日本の変貌し続ける”まち”の特質を生み出しているウラの秩序で、
そのオモテとウラのあわい(間)にある空隙を核となる空間にすることで、
外壁を越えて、敷地境界線も越えて、この場所から意識できるあたりまでが家となり、
家の周囲から近隣へ、そしてまちへと関係性が波紋のように広がっていく、
そんな「”まち”に暮らすライフスタイル」の拠点としての家になればと考えた。

 

 

※参考リンク

”空隙の家|Crevice House|都心のRC造狭小住宅” の設計の考え方や設計過程につきましては、

・建築家思考の狭小住宅 07|東京の”まち”に暮らす3階建て狭小住宅の設計実例(変形地)

で紹介していますので、

ご興味のある方は是非!

 

※参考リンク

狭小住宅にご興味のある方は是非!

・建築家思考の狭小住宅

 

※参考リンク

”空隙の家”の吹き抜け、トップライトの意味についてご興味のある方は是非!

・建築家思考の住宅コンセプト(吹き抜け、トップライト)

 


DATA

所在地:東京都豊島区

敷地面積:43.66㎡

建築面積:29.23㎡

(建蔽率:66.95%<70%(=60+10):準防火地域における耐火建築物による+10%緩和)

述床面積:70.75㎡(容積率:159.76%<160%)

構造:RC造

規模:地上3階

建築施工:本間建設

竣工年:2023年8月


MEDIA

「新建築 住宅特集 11月号」

空隙の家,住宅特集

「日経アーキテクチュア 2024年2月8日号」

 


建築家・佐藤森/PLUSZERO ARCHITECTは狭小住宅・注文住宅・デザイン住宅の設計を得意とする東京・渋谷の設計事務所。東京・神奈川・埼玉・千葉などでこだわりの家を建てるなら是非!